短期投資技術研究所

このサイトでは、メタトレーダー(MT4)を利用したシステムトレード(自動売買取引)を中心に、為替(FX取引)から日経平均先物取引について検証・研究結果を紹介しています。ZuluTradeやシグナルプロバイダーに関する情報も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

運用成績(20081215 - 20081219)

今週のデモ口座運用成績は以下のとおりとなりました。

期間       デモ口座1(円)   デモ口座2(円)  デモ口座3(USD)
20081215 - 20081219  +388519             +63279               -716.01
20081208 - 20081212    +43201             +38545               -121.79
20081201 - 20081205    -40740             +3735                -202.56
20081124 - 20081128    +70988             -34368               +3.45
20081117 - 20081121    -95118             -17527               +209.04
20081110 - 20081114    +35778             +67003               +383.62



特記事項
デモ口座1(先週からの継続ポジション有り)については、先週からの持ち越し分は今週分として集計(リンク先の売買記録は2週間分)
デモ口座3については、一部のポジション継続中(-12.34ドル、今週の集計には含めない)

今週は急激なトレンドが発生したといえます。デモ3口座については、逆張りEAが中心ですのでこのようなトレンドが発生すると苦戦することになります。デモ1口座及びデモ2口座で利用している逆張りEAの改良版が多く、どのような売買が行われるのかを調べることを目的にトリガーがかかりやすいようにパラメータ設定を甘めにしているものもありこのような結果になったと考えています。
EAのロジックの見直しの前にパラメータだけでもきつめの設定にしようかなあ。

デモ口座1及びデモ口座2共にいい成績だと思います。特に、デモ口座1に関しては、年に数回しか無いような成績を収めました。「デモ口座運用の前提条件」で述べているとおり、週ごとに新たなメタトレーダー用口座(例外あり、初期資金10万円または3000米ドル)を準備し、0.1ロット(1万通貨単位)での取引としています。

0.1ロット(1万通貨単位)の取引で、1週間に40万円近く利益を上げらることができましたので結果としては◎ですね。どなたかこのシステムを導入してくれないかなあ。1000万円くらいなら考えます(笑)冗談です

デモ口座1とデモ口座2で走らせているEA群には以下の違いがあります。

(1)デモ口座1は、日足を対象にしたトレンドフォロー型EAを加えている

(2)デモ口座2ではトレンドフォロー型でもストップとリミット設定のみですが、デモ口座1に関してはトレイリングストップを多く採用している


トレイリングストップの採用により強いトレンドが発生した場合には効果的な結果が得られますが、中途半端なトレンドの場合にはトレイリングストップを使わずにデモ口座2のように低めの値でリミットを置いた方が機能するとも考えていますのでは、どちらがよいということでもないかもしれません。
EAの基本的なアルゴリズムに合致した方式をとるべきだとは思いますが、こういった成績を見てしまうとデモ口座1に魅力を感じてしまいます。
※デモ口座1に関しては、口座崩壊した経歴もあることを忘れるな!>管理人

トレンドフォロー型のシステムを採用している方は今週は成績がよかったはずなのでしょうけど...。
以上、成績がよい時は記事のアップも早い管理人でした。


ポチっと応援、いつもありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログへFXランキング
関連記事

[タグ未指定]
[ 2008/12/20 09:18 ] 取引成績 | TB(-) | CM(-)
無料の自動売買システム
日本人シグナルプロバイダー
ランキング

ZuluTrade
ZuluTradeは革新的なFXの自動売買システムです。あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せませんか?パソコンも立ち上げる必要もありません。しかも、手数料はかからず、すべて無料です!
詳細はこちら
全記事表示リンク
プロフィール

短期投資技術研究所

Author:短期投資技術研究所
前総理は国会審議中も内職に忙しいようですが、管理人もEAのパラメータ最適化作業で忙しい毎日を過ごしております(ウソ!w)


こんなものも(笑)
mixi
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
アクセス管理


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。