短期投資技術研究所

このサイトでは、メタトレーダー(MT4)を利用したシステムトレード(自動売買取引)を中心に、為替(FX取引)から日経平均先物取引について検証・研究結果を紹介しています。ZuluTradeやシグナルプロバイダーに関する情報も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MT4自動売買成績:20090606

しばらく続いていたトレンドも今週に調整(あるいは転換?)が入りました。
EA群を稼動させている各口座(デモ口座、ライブ口座)共に、しばらく保持していたポジションのほぼすべてが手仕舞いされています。

4月末からのトレンド(赤のトレンドライン部分)(EURUSD,Daily)
eurusd_trend.gif


このブログで準リアルタイムに公開している2つの口座もまあまあの成績でした。殆どがトレンドフォロータイプなので、大きなトレンドが発生したときは頑張ってもらわないと話しにならないですけどね。
※デモ口座の運用形態の変更を行ったのでトレンド半ばからの参戦です。


●売り専用口座(試験運用口座1:2009/05/19?)
equityssell.png
Deposit/Withdrawal: 10 000.00 Credit Facility: 0.00
Closed Trade P/L: -441.31 Floating P/L: 0.00 Margin: 0.00
Balance: 9 558.69 Equity: 9 558.69 Free Margin: 9 558.69


●買い専用口座(試験運用口座2:2009/05/17?)
equitysbuy.png
Deposit/Withdrawal: 10 000.00 Credit Facility: 0.00
Closed Trade P/L: 2 664.24 Floating P/L: 29.33 Margin: 80.39
Balance: 12 664.24 Equity: 12 693.57 Free Margin: 12 613.19



0.1ロット(1万通貨)で運用させていますので、まあまあの成績かと思います。売り専用口座では、上記の期間においては約500USDのマイナスですが、買い専用口座では2500USD以上の利益です。瞬間値では、買い口座の利益は4000USDを超えていましたが、トレンドの終焉(あるいは調整)ではシッポ部分の取り逃がしはやむを得ないとも思います。
ただ、やはりもったいないので、このあたりの運用方法に関しては今後も考えたいと思います。


ここからは余談ですが、こういった一方通行的な相場の場合、苦戦するのが逆張り系のシステムです。特に、ナンピンするものやマルチンゲール法を取り入れたシステムでは大きな損失を被る可能性があります。


管理人もよく参考にするfx-on.comを見ていると苦戦しているシステムが少なからずあるようです。
しかし、そんな中でも、利益を積み上げているシステムもあります。

たとえば、以下のシステムなどは、順調に利益を積み上げていました。

システム名:HPBW14
http://fx-on.com/systemtrade/once.php?i=69
※アフィリエイトでは無いので安心してクリックしてください(笑)


このブログでは繰り返し書いているように、管理人はマルチンゲール法やナンピンシステムは好みませんが、損失を被るシステムを尻目にこういった相場でも利益をあげられるのは優秀なシステムとも思えます。
※お奨めするほど、管理人がこのシステムを理解しているわけではありません。念のため。

追記:20090607
--------------------------------------------------
紹介のシステムはUSDJPYをターゲットにしたシステムでした。対円、対ドルに対する他通貨の多くでトレンドが発生していましたが、USDJPYにはトレンドが発生していたとはいえません。管理人の勘違いでした。機能していること自体は事実ですけど。
--------------------------------------------------


実はこのトレーディングシステムの開発者の方は(たぶんですが)あるブログを運営している方で、fx-on.comで販売される前から管理人はこのブログを拝見していました。
ブログを見る限りとても丁寧にシステムの検討と評価をしていると感じでいたので、EAが販売されてからも成績をちょくちょく見させていただいていました。


繰り返しますが、管理人がお奨めしているわけではありません。
ただ、こういった相場でもきちんと機能したナンピン系システムがあるのは、管理人にとってもよい刺激となります。

※管理人は使うか?と聞かれれば、「使わない」と答えます。それは、このシステムがどうだということではなく、管理人は「マルチンゲール法」や「逆張りナンピン」による戦略は一般にリスクが高すぎると考えているからです。
ただし、これも運用方法や資金量により事情は異なりますので、読者の皆さんがご自分で考えていただくようにお願いします。


管理人の右往左往はまだまだ続きます。

関連記事

[タグ未指定]
[ 2009/06/06 11:00 ] 取引成績 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
無料の自動売買システム
日本人シグナルプロバイダー
ランキング

ZuluTrade
ZuluTradeは革新的なFXの自動売買システムです。あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せませんか?パソコンも立ち上げる必要もありません。しかも、手数料はかからず、すべて無料です!
詳細はこちら
全記事表示リンク
プロフィール

短期投資技術研究所

Author:短期投資技術研究所
前総理は国会審議中も内職に忙しいようですが、管理人もEAのパラメータ最適化作業で忙しい毎日を過ごしております(ウソ!w)


こんなものも(笑)
mixi
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
アクセス管理


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。