短期投資技術研究所

このサイトでは、メタトレーダー(MT4)を利用したシステムトレード(自動売買取引)を中心に、為替(FX取引)から日経平均先物取引について検証・研究結果を紹介しています。ZuluTradeやシグナルプロバイダーに関する情報も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タートル流投資の魔術:謙虚に、そして静かに基本を語る

本書(タートル流投資の魔術)は、"タートルズ"の一人であるカーティス・フェイスというトレーダーの著作です。

100308_105045.jpg


タートルズに関しては多くの方がご存知だと思いますし、ネット上でもその「伝説」を調べることができますので、ここでの説明は割愛しますが、一言で言うと「優秀なトレーダーは、個人の資質によって出現するものなのか、教育によっても育成が可能なのか」という「人体実験」のために集められたトレーダー集団のことと言えると思います。

何人か集めてきて、きちんとしたトレーダー教育を施せばいいトレーダーに育つんじゃね?的なノリで集められてきたトレーダー集団です。
カーティス・フェイスさんはこの「実験」の募集広告を見て応募した一人で、タートルズの中でも最年少(応募時19歳!)ながら、タートルズの中でも最も成功した一人です。


内容は...とてもよい。
あくまでも管理人の感想ですけど。


ただし、念のために言っておきますが、コレ、ハウツウものではありません。
これを読んだから、明日から新たにトレード手法を追加できるようなものではありません。

資金管理、手法開発過程とバックテスト、気構え等の投資に必要ないくつかの概念(項目)がありますが、これらの基本や一般トレーダーが誤認するような事項を比較的平易に説明しているのが本書と言えます。
もちろん、投資の初心者にとっては、理解しにくい部分も少なからずあります。しかし、初心者だから知らないでいいということはありません。強く購入をお薦めします。
※○○○○屋さんの書いた書籍で満足しているような人こそ、手にとって欲しいと思います。

なお、値段のことは正直触れたくないのですが、コレ、1700円+税です。
出版社は、徳間書店。
少なくとも、高く売れるから高くするっていう考えは徳間書店さんにはなさそうですね。


本書に書かれている項目で、いくつか紹介したいものもあるので、このブログで再度取り上げるかもしれません。
というか、本当は、ある概念の説明の中で本書を紹介するつもりでした。
いつもか..._| ̄|●

タートル流投資の魔術




ZuluTradeは革新的なFXの自動売買システムです。あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せませんか?パソコンも立ち上げる必要もありません。しかも、手数料はかからず、すべて無料です!
ZuluTrade - Autotrade the Forex Market like never before!


ChashBackForexで口座開設すると売買する度にキャッシュバックされます。
対象ブローカーは、Tadawul FX、Alpari、FXDD、FXCM、Avafxなど多数。ZuluTradeにも対応しています。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/03/08 11:36 ] おすすめ書籍 | TB(-) | CM(-)

魔術師たちのトレーディングモデル?テクニカル分析の新境地?

用務先で暇になることが予想されたので、「魔術師たちのトレーディングモデル」を鞄にしまってお出かけしました。
以前、読んでいた本でしたが、繰り返し読むようなことはせず本棚にしまっていました。暇つぶしでまた読んでみようと思ったわけです。

この本、以前に読んだときには、デマークさん(著者の一人)の難解な文章(訳文)で辟易としたこともあり、他のトレーダーの方の記載内容に関してはあまり印象に残っていません。

で、改めて読んだ感想は...

なかなかいいではないか

でした。
有名トレーダーの方々が分担して書かれており、ページ数の都合で内容はエッセンスのみに絞られてはいるもののなかなか使える内容です。もちろん、もっと詳しい内容を望むのであれば各トレーダーが書いた書籍を入手すすることをお奨めしますが、この書籍で紹介されている内容だけでも「使えそうな手法」をいくつか得ることはできるかもしれません。

余談ですが、最近のパンローリングから出版される書籍は行間が広く、また文字が大きいものがありますが、この書籍は約360ページにわたって文字と図表でびっしりと埋まっています。
金額もそこそこではあるものの、いくつかのヒントを得られれば十分に元は取れますし、内容も陳腐化するとも思えませんので入手しておいても損はないと思います。結構、濃い内容です。


対象とする読み手は、ある程度テクニカルを理解している方になります。「テクニカル分析の新境地」と副題が付けられていますが、テクニカルの教科書的内容を習熟してからの方が、理解が進むと思います。当然ですけど。

最初から最後まで「読破」することも必要がなく、各章毎に内容が独立していますので、読みやすいところあるいは知りたい内容から読み始めてもいいと思います。


久しぶりの「おすすめ書籍」記事ですが、この本の内容の一部をEA(Expert Advisor:自動売買システム)化したら機能しそうということで、上機嫌で記事を書いてしまいました。
イツモノ、イキオイキジデスナー

それと、この本は為替を対象にしたものではありません。念のため。


魔術師たちのトレーディングモデル
内容(「BOOK」データベースより)
テクニカル分析の新境地では、ウィザードと称される「トレードの達人である12人の著者たち」が、トレードで成功するためのテクニックと戦略を明らかにしている。この本はマーケット関係者や個人投資家に対し、それぞれユニークで、実績に裏付けされた見地から、投資パフォーマンスを改善するツールの宝庫である。読者は、この12人のウィザードたちの重要なエッセンスと、応用が豊富な形で提示されている戦略・戦術に、大きな価値を見いだすことになるだろう。


[タグ未指定]
[ 2009/06/23 17:04 ] おすすめ書籍 | TB(-) | CM(0)

魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門

管理人が所有する最も高価な投資本が今回紹介する「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」です。

かなりのお値段ですから、購入は躊躇しますよね。管理人も購入する際には一大決心でした。
※価格はあえて書きません。お楽しみということで(笑)

さて、その内容はどうかというと、相場状況ごとに比較的よく知られた売買手法が複数紹介されています。例えば、相場に「試し」が発生する場合には「タートルスープ」や「80-20's」など、「クライマックス・パターン」では「鞭打ち」、「朝のニュースリバーサル」等々。

ヘッジファンドの売買技術」が管理人にとっては宝箱的な書籍でしたが、こちらの本はいたってオーソドックスな内容で頭の整理用という感じです。
しかしながら、リンダ(Linda Raschke)とラリー(Laurence Connors)の自分の売買経験に基づく解説や議論を読むことで読者は各手法の「核心部分」を理解できると思います。まあ、このやり取りそのものが、本書のウリですからね。

ちなみに、このラリーはラリー・ウィリアムスさんではありません。Laurence Connorsさんという方です。ラリーと言われても日本人には誤解を招きそうですけど。

本書の対象となるのは、既に利益を継続的に得いている投資家(熟練者)以外の方になると思います。こういった方々には費用対効果を考えると物足りないと思うかもしれません。もちろん、悪い本ではないのですが、やっぱり価格だけの満足度は得られないと思います。
一方、真面目に「投資」を学んでいきたい方にとってはよい内容です。理解しやすいと思いますし、知っていて損の無い手法ばかりですから。でも、やはり価格がネックだなあ。近所の図書館で現物を見てから購入するかどうかを決めてください。

ただ、管理人にとっては「購入して損は無かった」と思っています。今でも、よくパラパラ捲って内容を見ますから。

そうそう、この本の末尾には、一部の手法の検証結果が掲載されています。データのまとめ方を知るにはいいのですが、日本向けには要らないですよねえ。もちろん、あった方がいいと思う人はいらっしゃるとは思いますけど。
でも、こんなデータは要らないから、5000円安くしてください>パンローリングさん

総じて、代金が気になる投資本です。
が、内容も悪くない...そんな、ジレンマを感じる1冊です。

魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門―ウィザードが語る必勝テクニック基礎から応用まで


人気ブログランキングへ  為替ブログ  為替ランキング  FXランキング


スポンサーサイト
【LION FX】1,000通貨単位でFX取引
FXOnline Japan モバイル取引開始!



[タグ未指定]
[ 2009/03/04 10:38 ] おすすめ書籍 | TB(-) | CM(-)

1000%の男 ― 先物チャンピオンシップ奇跡の売買法

この書籍は、商品先物トレーダーのための大会であるロビンス・ワールドカップ(日本版)での優勝者と準優勝者であるフェアリー氏と炭谷氏の書下ろしです。優勝者であるフェアリー氏は大会期間中の実際の売買を中心に解説し、また、準優勝者の炭谷氏は自己のメカニカルなトレード手法や資金管理等について説明を行っています。

炭谷氏の説明も的を得た解説であり大いに参考になりましたが、管理人的にはフェアリー氏担当分が特に重要であるというのが感想です。

で、その秘密は...ごく普通のトレードなんですね。単純なブレイクアウト手法を淡々と進めるトレーダーの姿がそこにあります。拍子抜けするくらいと言ってもいいかもしれません。そういったことでは「奇跡の売買法」ではありません。
しかしながら、そこにはフェアリー氏の経験に基づく相場観や人には説明できないそうな「勘」のようなものがあるのも確かです。こういったトレードの根拠となりそうな部分は説明が難しく、また、十分に説明されているわけではありませんが、この点を理解して「行間を読む」ような意識を持つことでフェアリー氏に少しでも近づけるのではないかと思います。
自分とフェアリー氏の違いは何か...これを考えることが本書のテーマなのかもしれません。


FX取引でのコンテストは珍しくありませんが、多くの場合はバーチャルマネー(架空の資金)ですが、この大会は自己資金(リアルマネー)で運用されます。大会参加者は定期的に公表される順位を気にしながらも同時に税金対策も行なうなど、投資家が行うべき資金管理も垣間見ることができます。

念のため再度書いておきますが、これは商品先物取引を対象にした記録です。
しかし、FXブログ等で紹介されている実際に取引されたかどうかわからないような「記録」ではなく、正真正銘の「データ」であることを付け加えておきます。

システムトレーダー向けという書籍ではないかもしれませんが、管理人的には「良質なトレードの記録」としてよい本だと思います。

1000%の男 ― 先物チャンピオンシップ奇跡の売買法


※同系統の書籍で「ロビンスカップの魔術師たち」がありますが、管理人的には「1000%の男」をおすすめします。


スポンサーサイト
【LION FX】1,000通貨単位でFX取引
FXOnline Japan モバイル取引開始!

ポチっと応援、いつもありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログへFXランキングFXランキング



[タグ未指定]
[ 2009/02/11 21:17 ] おすすめ書籍 | TB(-) | CM(-)

ラリー・ウィリアムズの短期売買法

著者のラリー・ウィリアムズは、某先物トレーディングコンテストにおいて1年間に1万ドルを100万ドル以上に増やした人物だ。ちなみに、架空の資金ではなく実際に自己資金で行うコンテストであり、トレードの失敗は損失となります。バーチャルマネーを使ったコンテストではなく、無茶ができない状況下でこれだけ資産を増やしたことは覚えておきたいですね。

さて、本書で紹介されさている売買手法は多くのトレーダーが既に取り入れいてるようなものもあり、人によっては目新しい内容は少ないかもしれません。しかし、それでも、表面的な売買手法の紹介ではなく、その手法を取り入れた根拠や背景がラリーにより説明されているのは、トレーディングに関わる読者にとっては大きな刺激になると思います。

もちろん、本書で説明されている内容を使ってすぐにトレードを始めるのは危険です。ラリーの主張していることは、自分のアイディアを過去データを使って検証し、さらに、有利なトレードをするために更なるアイディアを考えるということであり、本書でもデータを繰り返して提示して検証の重要性も訴えているように管理人には思いました。

購入にはちょっと二の足を踏むような価格設定ですが、何度も何度も繰り返して読むような類の書籍です。
管理人が所有する本も、書き込みとアンダーラインでいっぱいです。

ラリー・ウィリアムズの短期売買法




おまけ
ラリーの書いた「ラリー・ウィリアムズの「インサイダー情報」で儲ける方法」が、amazonの古本(中古商品)として投売りされています。今日(20090205)現在で、500円出さずに買えちゃったりします。これも本当に面白い本で、出版直後、管理人もわくわくしながら読みました。最近は商品先物取引(この本の対象)は手をつけていないのですが...。為替でも使えるかなあ、なんて考えているところですが行動が伴っていません。

スポンサーサイト
【LION FX】1,000通貨単位でFX取引
FXOnline Japan モバイル取引開始!



[タグ未指定]
[ 2009/02/05 09:32 ] おすすめ書籍 | TB(-) | CM(-)
無料の自動売買システム
日本人シグナルプロバイダー
ランキング

ZuluTrade
ZuluTradeは革新的なFXの自動売買システムです。あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せませんか?パソコンも立ち上げる必要もありません。しかも、手数料はかからず、すべて無料です!
詳細はこちら
全記事表示リンク
プロフィール

短期投資技術研究所

Author:短期投資技術研究所
前総理は国会審議中も内職に忙しいようですが、管理人もEAのパラメータ最適化作業で忙しい毎日を過ごしております(ウソ!w)


こんなものも(笑)
mixi
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
アクセス管理


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。